ホーム » 小手丸ちゃん5250エミュレータ 製品特長

小手丸ちゃん5250エミュレータ 製品特長

『小手丸ちゃん』 は、弊社が提供するハンディ端末を含めたモバイル製品シリーズの総称です。

  • 小・・・ちっちゃくて
  • 手・・・手のひらにおさまる
  • 丸・・・とても良い(○)


■小手丸ちゃん 5250エミュレータ 【モバイル端末用】

モバイル端末(ハンディ端末やタブレット端末など)用の5250エミュレータです。 モバイル端末用 5250エミュレータは、Telnet5250 を使用した IBM System-i 用のエミュレータです。モバイル端末から、無線LANアクセスポイントを経由して直接 System-i へ接続して操作が行えます。


システム構成例
 

詳細は小手丸ちゃん 5250エミュレータのご紹介資料をご覧ください。
5250ホストエミュレーター(小手丸ちゃん)ご紹介資料
5250ホストエミュレーター(小手丸ちゃん)ご紹介資料 簡易版
5250 Host emulator (Kotemaru chan) Introductory material simplified version (English)

主な機能を紹介します。

タップ操作(AS400メニュ-での例)
タップ操作により今までキー入力でしか行うことが出来なかった端末操作を直観的に画面を触れるだけで行う事が可能となりました。
また、スライド操作によるページアップ/ダウンも可能となっております。
→ 紹介動画
AS/400のメニュー画面上でのタップ操作に加え、キーボード入力を行うことも可能です。
→ 紹介動画
キーボード表示は、入力フィールドのタップのほか、音量ボタンでも表示することができます。
→ 紹介動画
キーボード機能
Android 版では、独自のソフトウェアキーボードを用意しており、
Android / iOS 搭載ソフトキーボードでは入力できない AID キーや各種機能キーなどが使用可能となっています。
→ 紹介動画
Windows版でもソフトウェアキーボードの機能を備えました。
→ 紹介動画
カメラスキャナ機能
スキャナ機能を搭載してないモバイル端末でも、内蔵カメラを使用することによりバーコードなどをスキャンすることが可能となります。
→ 紹介動画
OCRスキャン
印刷物の内容をテキストとして読み取ることのできるOCRスキャンに対応しております。
→ 紹介動画
複数の機種が混在した環境でも使用可能
Android / iOS、Windowsモバイル端末(ハンディなど)やモバイルプリンタが混在した環境でも使用することが可能です。
どの機種でも同じAS/400画面が表示されますので、機種ごとに画面をカスタマイズする必要はありません。
→ 紹介動画
ホスト接続設定
ワークステーションIDの設定や本番系/待機系ホストの接続設定やSSL接続の設定などを行うことがが可能です。
→ 紹介動画
自動サインオン機能
ユーザーIDやパスワードなどのサインオン情報を事前に設定することにより、
エミュレータの起動後すぐにAS/400業務画面を開くことが可能になります。
→ 紹介動画
自動サインオン設定なしでサインオン
自動サインオンの設定を行なわず、AS/400既定のサインオン画面を開いた場合には、入力フィールドが隠れてしまう場合がありますが、
「入力フィールド以外をタップした時の動作」の設定を変えることで表示されるようになります。
→ 紹介動画
キー設定
本体キーに対し別のキー機能を割り当てることが可能です。
※Android / iOS版では、ソフトウェアキーボードで操作を行うため対応しておりません。
→ 紹介動画
スキャン後のカーソル位置
設定によりバーコードを読み込んだ後のカーソル位置を調整することができます。
→ 紹介動画
画面表示サイズ位置
設定によりエミュレータ画面を表示するサイズと位置を変更することができます。
1×1から24×80まで設定可能です。文字の大きさは、最適なものが自動選択されます。
→ 紹介動画
スクロールとサイズを同時設定
文字サイズやスクロールが設定可能です。(組み合わせた設定も可能です)
スワイプによるスクロール方式も選択可能です。
スクロールを有効した状態でも、表示位置を設定することができます。
→ 紹介動画
色設定
DDSのCOLORキーワードに対する各色のカラーマッピングを変更します。
白黒表示を選択すると、背景が白で黒文字表示されます。
個別設定を選択すると、黒・青・緑・ピンク・赤・青緑・白・黄色に対して個別に表示色と背景色を設定できます。
→ 紹介動画
言語選択
日本語以外で利用しているお客様向けに、オペレーターが簡単に使用言語を選択できるようにメニュープログラムを用意しています。
Japanese,English,Simplified Chinese,Traditional Chinese,Vietnameseの運用が可能です。(各言語用フォントがインストールされている必要があります)
→ 紹介動画
ゲートウェイ接続
直接System-iへ接続せずに、ゲートウェイサーバーを介し接続することもできます。
ゲートウェイサーバーがセッションを維持するため、無線LAN環境の悪い場所での使用でもセッションを維持しながらの運用が可能です。
→ 紹介動画
フォームオーバーレイ
従来の印刷出力ではプリンター固有の制御コマンドで記述された印刷伝文を用意する必要がありましたが、フォームオーバーレイでは統一されたフォーマットの印刷テンプレート(フォーム)とそれに重ね合わせる(オーバーレイ)印刷データを用意するだけで
プリンターの機種に依存しない印刷出力を可能とします。
→ 紹介動画
マクロ機能
マクロ機能によりバーコードの制御や文字サイズ変更など行なうことができます。
また画面内にマクロを記述することで、画面ごとに機能させることができます。
→ 紹介動画

小手丸ちゃんに関しての問い合わせは、以下のメールアドレスにお願いします。