ホーム » 小手丸ちゃんゲートウェイ

小手丸ちゃんゲートウェイ

直接System-iへ接続せずに、ゲートウェイサーバーを介し接続することもできます。

■対応サーバー
Windows2008R2, Windows2012R2, Windows2016, Windows7, Windoows10
IBM i(AS/400)

■機能

セッション維持
ゲートウェイサーバーがセッションを維持するため、無線LAN環境の悪い場所でもセッションを維持しながらの運用が可能です。
ハンディ端末の無線接続が切れた場合、再度エミュレータを起動すると、切れた画面より操作を再開できます。
セッション管理
各ハンディ端末の状況を、ゲートウェイサーバーにて見ることができます。
リモート操作
ハンディ端末の画面内容を、ゲートウェイサーバーにて見ることができます。
また、ゲートウェイサーバーでの操作がハンディ端末の画面に反映されます。(実行キーやPFキーを押したタイミングで反映されます)
操作ログ取得
ゲートウェイサーバーが、端末⇔ゲートウェイ間 ゲートウェイ⇔ホスト間 の通信トレースをログファイルとして保存します。
ログファイルを解析することで、どのような画面が送受信されたかを確認することが可能です。
  • この機能は、保守サポートをご契約いただくほか、別途有償のオプションが必要です
  • 一定のHDD容量やCPUのスペックが必要になります。
  • 画面内容の確認は、弊社にてログファイルを解析し、画面イメージへ変換を行ないます

5250ホストエミュレーター(小手丸ちゃん)ご紹介資料