ホーム » OCRアプリ(FISOCR)

OCRアプリ(FISOCR)

FISOCRとは、各アプリから利用可能なAndroid用OCRアプリです。

  • インテントやクリップボードを介して各アプリ(WEBアプリ、Androidアプリ)と連携することが可能です。
  • 以下の3方式でのOCR連携が可能です。
    • OCR管理画面を介しての連携
    • OCRアプリに登録されている読取パターン登録番号を指定しての連携
    • ユーザーアプリ側から読取パターンを送っての連携
  • 「小手丸ちゃん5250エミュレータ」との併用して頂くことで、シームレスな運用が可能となります。
  • 読み取りパターンの指定に正規表現を用いることにより、より柔軟な定義を行う事が可能となりました。
  • 出力フォーマットの指定で、アプリ側の入力形式に合わせることが可能です。
  • 上下回転画像や鏡像反転の文字も取り扱うことが可能です。
  • 読み取りパターンの指定により、複数項目を一括して読込むことが可能です。
  • OCRアプリ(FISOCR)は常駐化していますので見えません。

※詳細はFISOCRのご紹介資料をご覧ください。
 FISOCRご紹介資料 簡易版
 評価版のお申し込みはこちら
読み込みパターンを指定した読み込み
この動画では、カーソルの当たっている項目の読み込みパターンをユーザーアプリからOCRアプリへ送信し、OCRアプリはカメラ画像の中で読み込みパターンに合致した文字列をユーザーアプリに返しています。
日付と携帯番号と郵便番号の項目をそれぞれOCR読み取りしています。
→ YouTubeで見る
複数項目の一括読み込み
読み取りパターンの指定により複数項目の一括読み込みが可能になります。
また、出力フォーマットの設定により、各項目ごとに分かれてユーザーアプリ側で受け取ることができます。
→ YouTubeで見る
小手丸ちゃん5250エミュレータとの連携
IBM i の業務画面でOCRによる読み取りを行なうことが可能です。
小手丸ちゃんのマクロ機能にて、読み込みパターンの指定など行ないます。
→ YouTubeで見る